会社概要

日本ほど気軽にCT、MRIを撮像できる国はありません。同時に、特別な判読トレーニングを受けた放射線診断医がこれらの画像を評価しておりますが、放射線診断医の絶対数が少ないことが医療業界の課題となっております。
上記背景を理由に、近年、離れた場所(遠隔)で実施できる遠隔画像診断事業が飛躍的に普及しました。しかし、その事業体やサービス内容が多岐にわたりサービス品質の不安定さが嘆かれています。その一つの要因として、 事業者が仲介するため本来あるべき“医師 to 医師”のコミュニケーションが実現できていない点が挙げられます。この状況に弊社は一石を投じ”医師 to 医師”のダイレクトな読影体制を実現させました。具体的には主訴にない緊急を要する偶発所見に関して直接医療機関に連絡する体制としています。どの遠隔画像診断事業者が医療機関にとって最善の選択になるなのか、判断が非常に難しい社会となっておりますが、弊社の画像診断サービスが医療機関の皆様にお役に立てることを心から願っております。

会社沿革

2013
犬飼遼が個人事業主として画像診断事業を開始。
2016
友人医師複数名で画像診断グループを作成 愛知県内の複数医療機関を読影
2017
7月 石井断熱工業株式会社を買収し、YKR medical labo株式会社に称号変更 遠隔画像診断支援事業を個人事業から法人成する。
2018
7月 犬飼遼が江南厚生病院を退職し事業活動に専念する。
10月 営業対象エリアを愛知県内医療機関から全国の医療機関へと拡大
11月 眼底画像診断、超音波画像診断をサービスメニュー化する
2019
6月 契約医師15名、契約顧客が50施設を超える
12月 名古屋市中区栄(矢場町)に拠点となる事務所を構える
2020
6月 契約医師が30名 契約顧客が80施設を超える
2021
5月 事業拡大を理由に、犬飼遼から栁澤由英に代表取締役交代。長野テクトロングループ所属となる。
6月 契約医師40名 顧客契約が100施設を超える。栃木県宇都宮市から名古屋市中区栄(伏見)に本店所在地を移す。
12月 心電図読影サービスを開始する

会社概要

会社名
YKR medical labo 株式会社
所在地
〒460-0008 愛知県名古屋市中区栄一丁目14-15 RSビル4階
営業本部
〒222-0033 横浜市港北区新横浜三丁目7番7号新横浜アリーナ通りビル4F
設立日
1973年(昭和48年)1月5日
資本金
1,000万円
代表取締役
柳澤 由英
事業内容
遠隔画像診断支援サービス

ACCESSアクセス

地下鉄東山線・鶴舞線「伏見」駅6番または7番出口から南へ徒歩約5分

CONTACTお問い合わせ

YKR medical laboに関して、ご質問・お問い合わせのある方はこちらよりご連絡ください。